ナガオカデンタルクリニック - 伊豆の国市・函南町の歯医者

ナガオカデンタルクリニック

〒410-2211 静岡県伊豆の国市長岡1322-9
 (順天堂静岡病院立体駐車場前)

診療時間
9:00~12:30
13:30~17:30(17:00最終受付)

ご予約・お問合せはこちらへ

055-947-4545

インプラント治療

第二の永久歯インプラントが、あなたの健康をサポートします。※インプラント説明会、随時開催しております。(お気軽にお問合せ下さい)

インプラントとは(通常のインプラント法)

インプラントの治療は、順番に「インプラント埋め手術」、「義歯の作製と装着」、「メインテナンス」と続きます。
インプラント治療においては、インプラントを顎の骨に埋入する手術(インプラント埋入手術)を受けなくてはなりません。 インプラント治療の方法として2回法が選択された場合、インプラント埋入手術と、インプラントの上部の粘膜を切開する手術の2回の手術が必要です。 骨の造成が必要な場合は、インプラント埋入手術の前に別個におこなう方法と、インプラント埋入手術と同時おこなう方法があります。
インプラント埋入した後、一定期間を経て、型を採ってインプラントの上に付ける義歯の作成をおこない、義歯を装着します。
インプラント治療が終了した後、定期的に治療を受けた歯科医院に通院し、インプラント治療を受けた部位を含めて問題が無いかを診てもらうことを「メインテナンス」と呼びます。 治療を受けた部位に何も不具合が無い場合も、定期的に通院して診てもらうこと(メインテナンス)は、治療した状態を長期良好に維持するために大変重要です。

歯科インプラント体埋入手術
歯科インプラント埋入手術(二次手術)

公益社団法人 口腔インプラント学会 口腔インプラント実習書動画より

インプラント治療には1回法と2回法の二つの方法があります。「1回法」においては、インプラントを顎の骨に埋めた直後に、インプラントの一部、あるいはインプラントの上部に付けた部品が粘膜の上に露出します。 一定期間(下の顎では2-3カ月程度、上の顎では4-6カ月程度)を経た後に、型を採って義歯の作成をおこないます。「2回法」においては、インプラントを顎の骨に埋めた後に、その上を粘膜で完全に覆います。 そして、一定期間(下の顎では2-3ヶ月程度、上の顎では4-6ヶ月程度)を経た後に、インプラント上部の粘膜を再度切開して(2回目の手術)、その上に部品を付け、1回法と同様に義歯の作成をおこないます。

インプラントを顎の骨に埋入した後に、インプラントが骨としっかりと結合するためには一定の期間が必要です。 インプラントを埋入してからインプラントが骨と結合するまでの期間は、インプラント埋入部の骨の状態や使用したインプラントによって異なります。 したがって、インプラントを埋入してから、義歯を付けるまでの期間は個々の症例において判断されています。

インプラント埋入した直後に、インプラントに義歯(通常は仮の義歯)を付ける治療法を「即時荷重」と呼びます。 一定期間を経て、最終的な義歯を作成して、装着して治療を終了します。即時荷重をおこなっても、治療開始から終了までの期間はあまり変わりませんが、インプラント埋入手術直後に義歯を装着することで、術後の不便さを解消することができます。 即時荷重にはすぐに歯が入る利点もありますが、しかし、症例の選択が難しく、また術者の経験と技術が必要な治療です。 もし担当医から即時荷重を提案された場合には、治療を受けた場合に起きるリスクについても充分に説明を受けてください。 

公益社団法人口腔インプラント学会WEBページより抜粋

OAM(大口式)インプラント法

当医院では、インプラント治療に、OAM(大口式)インプラント法を導入しております。

OAM(大口式)インプラント法、大口式インプラント法は、医学博士・大口弘先生が考案、開発した、骨をドリルで削らないインプラント法です。大口先生は名古屋市立大学元・客員教授で岐阜、愛知でご開業の歯科医師です。

従来のドリルを使用してインプラントを入れる手術は、骨を削り取るため、骨の幅が狭いとインプラントができない場合や骨移植などの大掛かりな手術が必要な場合がありました。

OAMインプラント法は、骨表面に小さな穴をあけ、専用器具を用いて少しずつ穴を広げてインプラントを埋入する新しい治療法です。骨をほとんど削らないため、出血や痛み、術後の腫れも少なく、身体への負担も少なくて済みます。

また、術中の不快な音や振動も少なく、怖がりの患者さんでも安心して治療が受けられる、インプラント法です。

詳しい施術方法はこちらから→OAM(大口式)インプラント法について

各インプラントのご紹介

入れ歯のように取り外しの煩わしさがなく、イカや焼き肉、たくあんなど、固いものでも自分の歯と同じように噛めます。

 

各部位別のインプラント

歯を失った部位に合わせ、適切な方法で処置を行います。                      

*動画はスマートフォン・アプリによって観覧できない場合があります。ご了承ください。

前歯インプラント
臼歯インプラント
犬歯インプラント

インプラントを埋め込む一次手術の終了後、インプラントの支台を装着する二次手術までは3~6ヶ月期間を置き、インプラントと骨が結合するまで待つ必要があります。 

 

 
 
ミニインプラント

通常のインプラントよりも細いインプラントを埋め込み、矯正治療のサポートとして、または歯がない場所に仮歯を付けたい時臨時で使用します。

フルバータイプインプラント

インプラントを埋め込み、固定用のバーを装着し、入れ歯をしっかりと固定する治療法です。

骨造盛

サイナスリフト

上の奥歯が抜け少なくなってしまった骨を補うために、空いたスペースに骨補填材などを入れて少なくなった骨を再生させる術式です。
鼻の裏にある骨空洞の位置が悪く、骨の厚みが少ない時、骨を補填してからインプラントを埋入します。

ソケットリフト

上の奥歯が抜け少なくなってしまった骨を補うために、空いたスペースに骨補填材などを入れて少なくなった骨を再生させる術式です。

ボーングラフティング

歯周病などの原因により少なくなってしまった顎の骨を補うために、骨補填材を入れたり骨を移植することにより少なくなった骨を再生させる術式です。

他の治療法との比較

入れ歯、ブリッジ、インプラントを選択できるケースがあります。患者さんのご要望を最も反映できる治療法を提案することが可能です。

ブリッジ、パーシャルデンチャー(部分入れ歯)インプラントとの比較
セラミックブリッジとインプラントの比較
セラミックブリッジのケース

両サイドの歯を削りブリッジへ
(デメリット:健康な歯を削る)

 (三島市在住 女性)

3本連結されたブリッジを装着

インプラントのケース

1本欠損
(メリット:周りの歯を削りません)

(裾野市在住 女性)

欠損した部位にインプラント埋入 

ブリッジの欠点
< 少ない本数でたくさんの歯を支えた結果・・・>       (御殿場市在住 女性)
少ない本数の土台で支えるブリッジの場合、過重負担のため、支える歯がむし歯や歯槽膿漏で悪くなると、ブリッジ全て失う可能性があります。
特に保険で作られた適合があまいブリッジや、神経を取った歯の場合、かなりの確率で早期に悪くなります。

少ない本数で支えられ作られたブリッジ、見た目はよいが・・・。

少ない支えで過重負担となり支える歯ごと抜けてしまいました。

その結果、多数の歯を一度に失うことになりました。

症例の紹介

歯周病とインプラント(抜歯即時荷重)
<数本のグラついた歯と部分入れ歯を使っている場合> (沼津市在住 男性)

抜歯後、片顎6~12本のインプラントを埋入し、即日に仮歯を製作する事により、1日で片顎12~14本の歯を回復します。歯が1本もない人の場合、抜歯する手間が省けます。

治療の流れ

歯周病により下の歯はグラグラとなり抜歯

➔ インプラント埋入後

➔ 上部構造装着 
(自分の歯のように噛めるようになりました。)

歯周病とインプラント(抜歯即時荷重)<ガイドシステムを使用した埋入法>

抜歯後、片顎6~12本のインプラントを埋入し、即日に仮歯を製作する事により、1日で片顎12~14本の歯を回復します。事前にインプラントを埋入する位置をCTによりシミュレーションし、ガイドシステム、仮歯を準備したうえで手術を行います。ガイドシステムにより、正確な位置にインプラントを埋入することができます。

1 治療前
下の歯は歯周病でグラグラです。

2 CT撮影
埋入位置を決めるための装置を口腔内に入れCTを撮影します。

3 埋入ガイド
CT画像上にて決定した埋入位置で製作されたガイド、正確でスムーズな手術がおこなえます。

4 仮歯
埋入位置に合わせた仮歯を製作。

5 仮歯装着
インプラント埋入後、その日に用意していた仮歯を装着します。

6 装着した状態
インプラントはネジ止めします。
これはまだネジ穴を塞いでいない状態です

7 最終補綴物装着
セラミックでできた被せ物を入れます。

歯周病とインプラント(オーバーデンチャー)
<数本のグラついた歯と部分入れ歯を使っている場合>  (駿東郡長泉町 男性)
治療の流れ

歯周病によりグラグラとなり抜歯へ

➔ 4本のインプラントを埋入

➔ 義歯装着
インプラントで固定されるため義歯が安定し、しっかり噛むことができます

外傷とインプラント(骨造成)
<交通事故等の外傷により骨が欠損している場合>   (熱海市在住 女性)

骨造成する事により、インプラントを埋入します。

治療の流れ

外傷により前歯が欠損となる

➔ 骨造成    
インプラント埋入

➔ 上部構造装着  
自分の歯のように自然な口元になりました

インプラントのメリット・デメリット

メリット

インプラント治療の強みは、義歯をしっかり固定できることです。インプラント治療では、残っている歯を削ったり、残っている歯に義歯を安定させるための装置を付けたりしません。残っている歯の負担が少ないをことも、インプラント治療の利点です。

デメリット

インプラント治療には、全身状態がよくないとうまくいかない、治療期間が長め、治療費が高額といった弱みがあります。インプラントは骨と強くつきますが、粘膜とはあまり強くつかないため、天然の歯に比べ感染に弱いことも欠点です。さらに、インプラントをしたい場所に骨が十分ないと、治療が難しくなることも欠点です。インプラントが抜けたり大きく壊れたりした時に修理が難しいこともあります。

近年では10年間持ったインプラントが95%あったという報告もあります。しかし100%の成功ではありません。インプラントに取り付けた被せ物や入れ歯が壊れることもあります。いずれも治療が終わったあとのメンテナンスをしっかりしないと長持ちしません。

                      ・(公益社団法人日本口腔インプラント学会 HP引用)

ナガオカデンタルクリニック監修のデジタル漫画です。無料で閲覧できます。クリックしてご覧ください。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

055-947-4545

診療時間:9:00~12:30
13:30~17:30(17:00最終受付)
診療日は診療カレンダーをご確認ください。

診療時間

診療日
診療時間

午前 9:00~12:30
午後 13:30~17:30
(17:00最終受付)

休診日

診療カレンダーをご確認ください

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

055-947-4545

アクセス

055-947-4545
住所

静岡県伊豆の国市長岡1322-9

アクセス

伊豆長岡駅よりバス7分
順天堂静岡病院より徒歩2分