ナガオカデンタルクリニック - 伊豆の国市・函南町の歯医者

ナガオカデンタルクリニック

〒410-2211 静岡県伊豆の国市長岡1322-9
 (順天堂静岡病院立体駐車場前)

診療時間
9:00~12:30
13:30~17:30(17:00最終受付)

ご予約・お問合せはこちらへ

055-947-4545

OAM(大口式)インプラント法

当医院では、入れ歯でお悩みの患者さん、ドリルで削るインプラント法に不安を感じている患者さんにも安心してインプラント治療を受けていただくために、OAMインプラント法を導入しました。

OAM(大口式)インプラント法とは

OAM(大口式)インプラント法、大口式インプラント法は、医学博士・大口弘先生が考案、開発した、骨をドリルで削らないインプラント法です。大口先生は名古屋市立大学元・客員教授で岐阜、愛知でご開業の歯科医師です。

従来のドリルを使用してインプラントを入れる手術は、骨を削り取るため、骨の幅が狭いとインプラントができない場合や骨移植などの大掛かりな手術が必要な場合がありました。

OAMインプラント法は、骨表面に小さな穴をあけ、専用器具を用いて少しずつ穴を広げてインプラントを埋入する新しい治療法です。骨をほとんど削らないため、出血や痛み、術後の腫れも少なく、身体への負担も少なくて済みます。

また、術中の不快な音や振動も少なく、怖がりの患者さんでも安心して治療が受けられる、インプラント法です。

 

施術方法

小さなバー(直径0.5ミリ程度)でインプラントを埋入する位置を決め、スタートポイントの小さな穴を開けます。小さなバーを使用するので振動もほとんど感じません。

細いリーマー(針灸治療の針のようなもの)で骨の内部の状態を丁寧に探り、おおよそのインプラントを埋める方向を決めます。

オーギュメーターという専用器具で小さな穴から丁寧に拡大していきます。細い骨でも少しずつ広げて太くします。

器具を少しずつ太いものにかえてゆき、徐々に穴を大きくします。穴を拡大するにしたがい、やわらかい骨は圧縮され固くなっていきます。

オーギュメーターの容積の分だけ頬側に骨が押し広げられます。必要な穴の大きさまで器具をとりかえながら広げていきます。

広がった骨にインプラントを植え込みます。骨とインプラントが結合した後、歯が入ります。

従来のインプラント法との比較

一般的なドリル法の場合、インプラントを埋め込む位置にドリルで穴をあけます。このとき、骨の先端部がドリルで大きく削られ、骨の高さが低くなってしまいます。大口式では、小さなバーで穴をあけるので骨はほとんど削らず、安全に穴をあけることができます。

従来の方法では、最初にあけた穴をドリルで削りながら大きくしていきます。このとき、方向や角度を間違えると、血管や神経を傷つけ重大な事故につながる危険性があります。また、穴を広げる際、周囲の骨を多く削り取ってしまうので、骨が細くなってしまったり、支える骨が少なくなってしまったりすることがあります。それを補うために、顎の骨や腰の骨を削り取って移植を行う、全身麻酔や入院が必要な大掛かりな手術が必要になってしまうことがあります。

大口式では最初にあけた穴からリーマーという細い針状の器具で丁寧に骨の内部を探り、オーギュメーターという専用の器具で少しずつ穴を拡大していきます。オーギュメーターは細いものから数種類の徐々に太いサイズに変更しながら繊細に優しく押し広げていきます。骨を削るのではなく押し広げるので周囲の骨を多く残すことができます。骨を増やすための大掛かりな手術も必要とすることなく安全にインプラントを埋入することができます。

大口式は骨をほとんど削らないため出血や痛みも少なく、苦痛なく受けることができます。術後の腫れや痛みも非常に少なく傷の回復も早くなります。体への負担が最小限に抑えられる安全な治療法と言えます。

OAM(大口式)友の会 オフィシャルページはこちらです

 

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

055-947-4545

診療時間:9:00~12:30
13:30~17:30(17:00最終受付)
診療日は診療カレンダーをご確認ください。