伊豆の国市・函南町・伊豆市の歯医者です。

ナガオカデンタルクリニック

〒410-2211 静岡県伊豆の国市長岡1322-9
 (順天堂静岡病院横徒歩2分)

診療時間
9:00~12:30
13:30~17:30(17:00最終受付)

ご予約・お問合せはこちらへ

055-947-4545

矯正歯科

矯正歯科とは?

矯正歯科とは悪い歯並びを良くする治療法です。昔、歯列矯正は子供が行うものと考えられがちでしたが、日本でもおしゃれな女性を中心にデンタルケアや歯並びに対する関心が高まっています。自分の嚙み合わせに興味をお持ちの方はもちろん、笑顔にコンプレックスをお持ちの方、人前で無意識に口元を隠してしまう方、食べ物がうまく噛みちぎれない方など嚙み合わせが悪い方は、見た目の悪さだけではなく健康や記憶力にも大きな影響を与えられると言われています。歯列不正だとブラッシングがしづらいため虫歯や歯周病になり易かったり、食べ物が良く噛めず丸呑みすることで胃を悪くしたり、その他、頭痛・首や肩の凝り・顎関節症・発音の悪さなども歯列不正が一因とされています。良く噛むことで脳細胞を刺激して記憶力を高め脳の老化を防ぐという説があります。またダイエットをするには毎日の食事をしっかり時間をかけ噛んで食べることが大切だと言われています。歯列矯正によって歯並びが良くなると、以前とは見違えるように積極的になり笑顔が増え明るくなります。もし、あなたが自分の歯並びで悩んでいるのなら、前向きな気持ちで矯正相談を受けませんか?矯正は通常1カ月に1度の診療です。遠方からも多くの患者さんが通院されています。この機会をぜひご利用下さい。キレイな歯並び、あなたにあった矯正方法で。

矯正担当の歯科医師です
審美矯正のスペシャリストです

矯正担当医師 山田幸司

ナガオカデンタルクリニック矯正担当の山田幸司です。私は大学卒業後、元大学の歯科矯正学教授が開業した東京都渋谷区の矯正専門医院で勤務医を経験したのち、神奈川県で矯正医院を開業しました。勤務医の頃より東京の審美歯科で有名な歯科医院で矯正治療を担当してきました。1999年よりナガオカデンタルクリニック院長のDr.渥美と一緒に歯科矯正と審美歯科、インプラントを駆使して多くの治療をしてきました。Dr.渥美が審美歯科のスペシャリストで、インプラントに関してはインプラント学会最高峰のAAIDアメリカインプラント学会専門医という事もあり、矯正治療の前準備としての虫歯治療に始まり、矯正治療中の口腔内の管理、矯正治療後のセラミック治療や歯がない場所のインプラント治療をトータルで考えてもらえる利点があります。Dr.渥美と常々話す事は「歯並びや口元の見た目をコンプレックスにしてきた患者さんを、今持ち得る最高の技術で最高の笑顔を作るため、日々努力をしよう。」という事です。今後もDr.渥美と切磋琢磨し、日々精進していこうと思います。歯並びのお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。

矯正治療の対象者

思い当たる方に検診をおすすめします
  1. 口元にコンプレックスのある人。(人と話す時、無意識に手で口を覆う人・歯を出して笑った時の自分の写真が好きでない人)
  2. 歯や口元が出ている感じのする人。
  3. 口を閉じた時、鏡を見て顎に緊張のシワがよっている人。
  4. 前歯で海苔、そば、パスタが噛みちぎれない人。
  5. 話す時サ行、タ行、ラ行が言いづらい人、管楽器で出しづらい音がある人。
  6. 自分の顔が曲がっていると思う人。上の歯の真ん中と下の歯の真ん中が一致しない人。
  7. 話す時、食べる時、よく舌やほっぺたを噛む人。
  8. スポーツをする人で自分の噛み合わせに関心がある人。

あなたの歯並びはどのタイプですか?
( 矯正が必要な歯並び、咬み合わせの分類 )

歯並びが悪く、噛み合わせが正常でない歯並びを、「不正咬合(ふせいこうごう)」といいます。さてあなたの歯並びはどのタイプですか?不正咬合には、遺伝的なもの、子供の頃からの癖が原因になっているものなど色々ですが、そのままにしておくと、あなた本来の輪郭や表情を損なうばかりか、健康にも悪い影響をあたえかねません。誰もが憧れる美しい歯並びのために、自分の歯を一度チェックしてみましょう。

≫ タイプ別CASE

歯並びがでこぼこしている

叢生(そうせい)・乱ぐい歯(らんぐいば)・八重歯(やえば)・クラウディング
叢生
叢生

叢生、いわゆる乱ぐい歯の人は、見た目が悪く、口元がだらしなく感じさせます。また、歯磨きがしづらいため、若年者では虫歯になりやすく、治療もしづらいので前歯の歯と歯の間に合わないプラスティックの治療跡があるケースが多く、不潔な印象を与えます。奥歯も同様に治療しづらいため、適合の悪い銀歯の被せ物を入れている方が多いと思います。歯が重なり合ってる場所は、汚れが取りづらく歯周病が進みやすいため、早い年齢から歯を失い、歯の植立方向がわるいためブリッジが出来ず、入れ歯になる方も多く存在します。歯並びの悪い代表格の八重歯の人は、唇を噛みやすかったり、歯にくっついて切れやすかったりします。

奥歯が噛み合っているのに、前歯が噛み合わない

開咬(かいこう)(オープンバイト)
開咬
開咬

開咬の人は、パッと見きれいでも上下の前歯が噛み合っていないため、パスタやおそば等の麺類が前歯で噛み切れなかったり、息が抜けて発音しづらかったりします。機能的にも、噛み合う歯の数が少ないため、噛む能力も低く、また、奥歯に過大な負担がかかり、歯が割れたり、詰め物が取れやすかったりします。最悪の場合、噛み合っているおくばが本数なくなると噛み合わせの崩壊が起こり上下の歯と歯を噛み合わせることが出来なくなります。最も矯正をすすめたいタイプです。年齢を重ねるごとに、歯で苦労する生活を送る人が多いです。

上の前歯が、極端に前へ突き出している

上顎前突(じょうがくぜんとつ)(でっぱ)
上顎前突

出っ歯の人は、口元が出ているため、歯を折りやすいなど外傷につながり、見た目も気になるケースです。口が閉じづらく常に口の中が乾燥していて口臭が気になったり口を閉じるとき、口唇が歯にくっついて切れやすいのも特徴です。無理に口を閉じようとすると顎に梅干し状の跡ができます。写真を撮るとき、口を開けて歯が出たまま写すのか、口を閉じて梅干し状の跡出たまま写るのか、悩んだこともあったりします。歯列矯正をすると口元がスッキリして、装置が外れた時一番感動してくれます。

初診

矯正治療前 写真

横から見た口元です。
前歯が前に突き出ています。

矯正治療前 口元写真

自然に口が閉じず、下唇に力が入っています。

矯正治療前 レントゲン

レントゲンで見ても、かなり前に突き出ているのがわかります。

治療後

治療終了
矯正治療後 写真

綺麗な歯並びになりました。

矯正治療後 口元写真

自然に口が閉じるようになりました。

矯正治療後 レントゲン

他の歯と同じ軸方向に治りました。

下の前歯が、隠れて見えない

過蓋咬合(かがいこうごう)
過蓋咬合

下の前歯が見えなかったり、口元のバランスが悪いため、顔全体のバランスが悪い人に映ります。下の歯がないと勘違いされたりもします。

下の歯が、上の歯より外側にある

反対咬合(はんたいこうごう)(受け口)
反対咬合

遺伝の他、上唇を噛む、舌を突き出す事などが原因になるようです。子供の頃顔まねをされたり、嫌なあだなを付けられたりして傷ついた経験を持つ人が多く見受けられます。また、食べ物がよく噛めない、話している事が聞き取りにくいというケースが起こりがちです。顎関節症、偏頭痛になる方も多く存在します。部分的に数本逆噛みになっている人の場合、その部分の歯が折れたり、被せ物がとれる、部分的に歯周病が進む等の歯を失う原因になります。

矯正歯科 対象年齢

歯列矯正の方法と対象年齢

当歯科医院では、一昔前の治療とは異なり、目立たない白い装置や歯の裏側からの見えない装置、取り外しのできる装置、できるだけ歯を抜かずに行う治療が行われています。矯正の対象年齢は前歯が永久歯に生え変わる6歳ぐらいから、成人では歯槽膿漏などで歯を支えている骨に問題がなければ上限はありません。

小児矯正

子供の顎の成長を利用できます。最も一般的な時期の矯正です。
前歯が4本生えそろったら一度矯正専門医にみてもらいましょう。

成人矯正

大人になっても、歯並びの悪さをあきらめないで下さい。
骨の状態が悪くなければ何歳になっても矯正はできます。

歯並び、咬み合わせを悪くする原因

舌前突癖

舌で前歯を押す癖。このような癖があると前歯が閉じない状態となり、歯列不正の原因となります。

智歯による歯列不正

埋まっている親知らずが横向きの場合、押された他の歯によって歯並びが悪くなることがあります。

歯の挺出

歯がなくなったスペースに反対側の歯が伸びてくると、歯並びが崩れる原因となります。

矯正の方法と装置 

矯正方法

・マルチブラケット矯正

矯正装置の基本形です。歯面に付ける装置なのでどうしても目立ってしまうのが欠点です。

・舌側矯正(リンガル・システム)

リンガル・システムは内側につける装置なので、外からは見えません。
人に気づかれずに歯並びを治したい方に最適です。

・マウスピース矯正

取り外し可能な矯正システム。成人で装置に抵抗のある方に最適です。

・部分矯正

1~2本の歯を短い距離移動させます。

・インプラント矯正

小さな矯正用インプラントを固定源に矯正を行います。
ヘッドギアー等の顎外固定装置を使わずに矯正ができます。
骨格性の重度の不正咬合も一部改善が可能となります

・外科矯正

矯正単独では難しい方の矯正治療です。
当院では、経験豊富な口腔外科専門医に相談できます。

矯正装置

矯正装置にはたくさんの種類があり、症例によって使用する装置が異なります。            一般的には歯の表面に金属やレジン、セラミックでできた小さなブラケットをつけ、それに細いワイヤーを通して正しい位置に歯を誘導する固定式の装置を使います。その他に取り外し式の装置や、ヘッドギアなどの口の外で使う装置もあります。

固定式矯正装置

歯を並べるための装置
各種ブラケット
メタルブラケット

メタルブラケット

透明ブラケット メタルワイヤー

透明ブラケット
+
メタルワイヤー

透明ブラケット ホワイトワイヤー

透明ブラケット
+
ホワイトワイヤー

リンガルブラケット

リンガルブラケット
(歯の裏につけるタイプ)

顎を広げて歯を並べるための装置
各種装置
バイヘリックス

バイヘリックス

歯列を拡大するための装置です。主に永久歯の排列や永久歯の崩出のためのスペースの確保のための装置。

ペンデュラム

ペンデュラム

ペンデュラムは通常より内側に生えた上の歯を外側に押し出し、歯並びを整えるために使います。

急速拡大装置

急速拡大装置

急速に骨に力をかける事によって,正中口蓋縫合に力をかけることによって、顎を大きくする装置。

 

 

パラタルアーチ
パラタルアーチ

歯の固定源としてや歯のローテーションの改善に使用する装置。

 

 

取り外し式矯正装置

歯を並べるための装置
マウスピース
マウスピース
マウスピース装着
マウスピース装着後
顎を広げて歯を並べるための装置
各種装置
正中拡大床
正中拡大床

取り外しが出来る装置で叢生の改善や永久歯の崩出スペースの確保のため上顎を広げるための装置。

正中拡大床(下顎)
正中拡大床(下顎)

取り外しが出来る装置で叢生の改善や永久歯の崩出スペースの確保のため下顎を広げるための装置

ファンタイプ拡大床
ファンタイプ拡大床

取り外しが出来る装置で前方部分を中心に扇がたに上顎を広げるための装置。


歯の並んだ後、その状態を保つための装置

矯正装置をはずした後は、保定治療をします。治療前の歯並びや噛み合わせによる癖が強固に定着していることが多いため、せっかくきれな歯並びになっても、その影響で後戻りしてしまうことがあるからです。

ホーレイリテーナー
取り外し式のリテーナーにはさまざまなタイプのものがあります。保定期間中は常時、その後も数年は夜間に装着していただきます。取り外して食事や歯磨きができるのでその点は便利ですが、つい使用せずに過ごしてしまうと後戻りの原因になります。
ホーレイリテーナー
ホーレイリテーナー

矯正装置を取り除いた後は、正しい歯列を安定させるためにリテーナーという装置を使用します。ホーレーリテーナーは後戻りしやすい前歯の周辺をワイヤーで重点的にカバーします。

ホーレイリテーナー(エラスチック)
ホーレイリテーナー
(エラスチック)

矯正装置を取り除いた後は、正しい歯列を安定させるためにリテーナーという装置を使用します。ホーレーリテーナーは後戻りしやすい前歯の周辺をゴムで重点的にカバーします。

ホーレイリテーナー(スプリング)
ホーレイリテーナー
(スプリング)

スプリングタイプのものは前歯の周辺をプラスチックで重点的にカバーし、後戻り後の軽度な矯正にも使用できます。

接着リテーナー
接着リテーナー

歯の裏側にワイヤーを固定するタイプの場合、取り外せるものより保定に優れるだけでなく、外から見えにくいという特徴があります。ただ、取り外せないためブラッシングが難しくなるというデメリットもあります。

症例紹介

歯周病により歯並びの崩壊(駿東郡長泉町在住 女性)

歯周病は歯の周りの組織の病気です。むし歯もなく健康な歯であっても歯を支える骨(歯槽骨)がやせてくると、歯をしっかり支えることが出来なくなります。きれいな歯並びであっても、噛む力に耐えられなく噛み合わせが崩れ歯並びも悪くなってくるのです。

初診

前歯がだんだんと開いてきてしまい、噛み合わせも深く噛み込むようになってきました。歯周病の原因である歯石もたくさん付いています。

矯正後

クリーニングし口腔内の環境を整え矯正。
開いていた前歯も噛み合わせもきれいに矯正されました。
今の状態を長く保つようにクリーニングを定期的に行い歯周病予防をしていくよう指導しています。

歯並びが悪く、重なった2本の前歯は歯周病でぐらぐら・・・。 (熱海市在住  女性)

歯並びが悪く、前歯2本が重なりもう1本は後ろに隠れていて普段からうまくブラッシングができなかった。そのため歯周病が悪化し気がつくと歯がグラグラになってきた。前歯なので見た目も気になり治療中前歯が無いまま過ごすのは困る。治療の流れとして、外科➔矯正➔審美によりきれいな口元に回復することを目的とし、お口全体をトータル的に考え治療していきます。矯正は歯並びを治すだけのイメージがありますが治療の一環として取り入れることで機能回復にとても大切な役割となります。

 
初診

 前歯が重なり、1本は後ろに隠れています。

矯正

グラグラになった前歯2本を抜歯し、仮歯を入れながら矯正により歯を動かします。

審美

矯正により正常な位置に歯が動いたら被せ物により修復します。

矯正治療のメリット ・ デメリット

メリット

①歯並びが綺麗になり口元の見た目が良くなります。

②嚙み合わせが良くなりかむ力が向上します。

③発音が明瞭になることがあります。

④プラークコントロールがしやすくなり、歯の寿命が長くなる可能性があります。

 

デメリット

①元々の歯や顎骨の状態により、あなたが思う理想の歯並びになるとはかぎりません。

②矯正装置を付けると歯磨きが難しくなり、ブラッシングを怠ると虫歯になりやすくなります。

③歯を綺麗に並べる顎のスペースがない場合、抜歯が必要なケースがあります。

④矯正により痛みや違和感が出ることがあります。

⑤矯正装置の擦れで口内炎になることがあります。

⑥矯正治療終了後保定装置を担当医の指定した期間使用しないと、後戻りすることがあります。

⑦矯正により歯根吸収が起こる場合があります。

⑧矯正装置の材質により金属アレルギーを起こす場合があります。

⑨一時的に顎関節症になることがあります。

矯正ストーリー

私は御殿場市に住む29歳のOLです。現状に不満はなかったのですが、なんとなく自分を振り返りたくてアメリカへ1年間語学留学しました。日本にいた時は八重歯がかわいいと私の自慢のチャームポイントだったのですが、アメリカ人や他の外国人と仲良くなると必ず、「お金があれば矯正で歯並び直した方が良いよ!」「子供の頃なぜ歯列矯正しなかったのか?」その中で一番ショックだったのは仲良くなって気になっていた男性に「その歯はアメリカではドラキュラの歯と言われ皆嫌がるんだ。矯正歯科紹介しようか?」日本にいた時はみんなの笑顔の中心にいたのに、その日以来、歯並びが気になって引っ込み思案になってしまいました。そして段々私の周りは日本人の集まりになってしまいました。せっかくアメリカまで来たのに自分にガッカリです。帰国後私はすぐに母が通う御殿場市の歯医者さんへ行ったのですが、そこでは歯列矯正をやっていなく犬歯を抜けば綺麗になると言われたのですが、歯を抜くのは怖かったのでそこでの治療を断って、インターネットで調べて一番情報量が多く信頼が置けそうだったナガオカデンタルクリニックの矯正相談会に取り敢えず参加することにしました。矯正の先生に今の私の歯並びの説明を受け、八重歯と少し出っ歯だという説明を受けました。治療法として私の場合歯並びだけ綺麗にすることもできるし、出っ歯も同時に直すならおそらく犬歯の一つ後ろの歯を4本抜く必要があると言われました。矯正を行っていない歯科医師は八重歯を抜きたがるが、嚙み合わせのとき前歯の中で一番大切な歯なので、矯正の場合抜くとしたらその一つ後ろの歯だと説明を受け、八重歯を抜かずに断って良かったと思いました。そして矯正は治療法によって金額や治療期間が違うという事で大まかな説明を受け、自分の歯並びの写真を1枚もらいました。矯正をしっかり診療している歯科医院にしか置いてないセファロレントゲンやCTでの精密検査を行い、その結果に基づき治療の設計図を作り、治療法や治療期間、歯並びだけなのか出っ歯も治すのかの治療ゴールの設定を行い、治療見積もりを作製するとの事でした。次回には検査でその次の時検査結果の話と見積りをもらいました。結局出っ歯も一緒に直すことにしたので4本抜歯しました。御殿場市から通院なので大変かと思ったのですが、虫歯の治療と違い月に1度の治療で麻酔も使用しないので、ドライブがてらに観光気分で楽しかったです。治療の後半はマウスピース矯正だったので楽でした。1年半の治療期間が終わり綺麗な歯並びと口元が下がり出っ歯も治りました。日本に帰ってから続けていた英会話教室で知り合ったアメリカ人の彼と結婚を報告に、シカゴの実家へ今年の夏は行く予定です。

国際化に伴いこの方のように海外に行き日本人の歯への意識の低さに気づかされる事も多くなってきました。笑顔の時の口元は顔の三分の一を占める為インパクトが強いのです。歯並びが綺麗に生まれ変わる事でコンプレックスを克服して、美しい口元があなた最大の魅力になります。笑顔に勝る化粧はなし、にこやかな口元は周りの人にも伝染させます。笑顔の中心で幸せな生活を勝ち取りましょう。是非この機会に矯正相談会にお問い合わせ下さい。

 

矯正歯科の流れ

1、矯正相談

矯正に関する疑問や不安など直接矯正医と相談できます。

2、矯正検査

矯正前検査内容 ・歯型 ・レントゲン(歯・頭) ・CT(成人矯正) ・写真(口腔内・顔)

3、コンサル

検査資料をもとに詳しくコンサルを行います。

4、矯正治療開始

各患者さんに合わせた歯列矯正治療のスタート。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

055-947-4545

診療時間:9:00~12:30
13:30~17:30(17:00最終受付)
診療日は診療カレンダーをご確認ください。