矯正・審美歯科・インプラントに特化した静岡県東部・伊豆の歯医者

ナガオカデンタルクリニック

〒410-2211 静岡県伊豆の国市長岡1322-9
 (順天堂静岡病院横徒歩2分)

診療時間
9:00~12:30
13:30~17:30(17:00最終受付)

ご予約・お問合せはこちらへ

055-947-4545

入れ歯治療

見た目が美しく快適な入れ歯 (保険で作った入れ歯よりとても精密で快適です)

ノンクラスプデンチャー・金属床
相談を開催しております。

お気軽にお問い合わせください

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは?

ノンクラスプデンチャーとは、バネの部分を床と同じ材質にして、歯に維持を求める入れ歯のことです。
素材は軽くてやわらかく、装着時の違和感が少ないです。また歯茎に近い色合いなので目立ちません。

前歯が欠損しています

➔   装着した状態    
(バネがないので入れ歯とは気づかれにくいです)

 ➔   外した状態     
 (バネがない入れ歯)

保険の入れ歯(レジン床)との違い

ノンクラスプデンチャーの長所

  • 今までの部分入れ歯にあった金属のバネがありません。大きく口を開けて笑っても入れ歯とは気付かれにくく、ご使用いただけます。
  • 入れ歯本体が従来よりも薄く軽い素材で作られており、付け心地が良く違和感が少ないので、普段の会話もはずみます。
  • 従来の金属のバネに比べるとサポート面が広い樹脂で維持を求めるので、安定感があり土台の歯を痛めづらいです。
  • 精密にできているので食べ物が挟まりにくいです。
  • 少数の歯がない場合、従来より小さな入れ歯に出来ます。
  • 多数の歯がない場合、強度を持たせるため「金属床+ノンクラスプ」をお勧めしています。従来の入れ歯にない、薄くしゃべりやすい、快適な入れ歯ができます。

※矢印は紙で、画像は加工していません。

ノンクラスプデンチャーの欠点

  • 骨がやせてくると合わなくなり、外れやすくなる
  • 長年の使用や衝撃で割れることがある
  • 支えになる歯が弱りやすい

保険の義歯の長所

  • 治療費が安い
  • 外科手術が必要なく、身体の負担が少ない
  • 治療回数少なく、比較的早く完成する

保険の義歯の欠点

  • 長年の使用や衝撃で割れることがある
  • 骨がやせてくると合わなくなり、外れやすくなる
  • 部分義歯の場合、バネが緩んでくる
  • バネを掛けた歯が弱る
症例

上顎ノンクラスプ金属床部分義歯×1・・・600,000円×1=600,000円+税
治療期間:1か月半
治療回数:6回
治療の流れ:型取り→精密型取り→噛み合わせ→仮に歯を並べる→完成→チェック、調整

全顎写真

模型上の写真

総入れ歯 金属床

保険の入れ歯(レジン床)との違い
  • 薄く違和感も少なく、お口の中が広く感じます。
  • 金属なので熱さや冷たさを伝えるため、食事がおいしくいただけます。
  • 精密にできているためカタツキが少なく、食べ物が挟まりづらいです。
  • 従来の入れ歯より強度があるので小さくできます。
  • その他、割れづらい、壊れづらい、たわまないといった特徴があります。
入れ歯の種類
保険の入れ歯
 

上顎が大きく・深く・厚いレジンで覆われています。(深く・大きく覆わないと吸着が弱いからです)

自費の入れ歯
 

上顎の部分を金属で覆うことで、薄く熱伝導の良い入れ歯になり、食事の時に熱い・冷たいを感じます。

オーバーデンチャー
(インプラント)

インプラントで固定するので、入れ歯が動かないため、上顎を覆う必要性が無いので、嘔吐反射の人も適応です。

※比較するための模型義歯です。実際の入れ歯ではありません。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

055-947-4545

診療時間:9:00~12:30
13:30~17:30(17:00最終受付)
診療日は診療カレンダーをご確認ください。